段組設定で表を作ってみる方法 - Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

現役デザイナーによるIllustrator(イラストレーター)の使い方や素材紹介サイト

写真・イラスト素材ならアマナイメージズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

段組設定で表を作ってみる方法

Illustratorで、表を作る際に手っ取り早くつくれて簡単な「段組設定」での表の作り方を紹介します。

項目ごとの色つけなどが、とてもしやすい表ができます。
ただし、各線の設定など(外の罫線を太く中の罫線を細くなど)はしにくいかと思います。


【STEP1】
まずは、長方形ツールで元となるオブジェクトを作成。
サイズなどは後で調整できるので大体でいいです。
Illustrator段組設定01





【STEP2】
1で作ったオブジェクトを選択した状態で、メニューバーから「オブジェクト→パス→段組設定」を選択します。
Illustrator段組設定02



【STEP3】
行と列の高さと幅を指定します。次に間隔は行と列ともに0に設定します。Illustrator段組設定03



【STEP4】
表っぽくなりました。
装飾して完成!ちょっと装飾が適当な気が、、、
Illustrator段組設定04


グリッドなどを作る際に使いやすい段落設定ですが、うまく使えば表など、使い勝手は広がりそうですね!




スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://illustratorbook.blog.fc2.com/tb.php/19-611ce479

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。