【印刷・DTP】cpiについて - Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

現役デザイナーによるIllustrator(イラストレーター)の使い方や素材紹介サイト

写真・イラスト素材ならアマナイメージズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【印刷・DTP】cpiについて

今回は、時々指定されたりするcpiについて。
正式名称は、Characters Per Inchです。

具体的には、1インチ(2.54cm)あたりにどれだけの文字か入るのか?とゆうことを示す単位!
ただし注意が必要なのは、字送りが変わってくるため文字毎に間隔の異なる「プロポーショナルフォント」で使われることはなく、全て同一幅の「等幅フォント」で使用されるとゆうこと。

070305.jpg
イメージ的にはこんなイメージ

上記の文字は1インチに10文字入ってますので「10cpi」と言うことになります。

印字などの際に印字部分は、8ポイントの10cpiでとか、指定されたりされなかったり、、、ともあれ、知っておいて損はないと思います。
理解しないとややこしやーですね。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://illustratorbook.blog.fc2.com/tb.php/20-ab20c99a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。