【Illustrator】グリッドの設定 - Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

現役デザイナーによるIllustrator(イラストレーター)の使い方や素材紹介サイト

写真・イラスト素材ならアマナイメージズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Illustrator】グリッドの設定

Illustratorで、線を引いたり、図形を作成したり、レイアウトを行うときに便利な機能「グリッドの設定」
今回は、そのグリッドの設定についてのお話。

◼︎グリッドの表示/非表示の仕方

表示 → グリッドの表示 で表示されます
070406.png

表示してみると
070408.png

こんな感じでクリッドが表示
さらに、グリッドにスナップでオブジェクトが、グリッドにピタッと合うようになります。
(作業中にあやまって、ここにチエックが入るといらっとしますし慌てます。)


070407.png



ピタッと会うので、カチッとした表組みやレイアウトなど作る際には重宝しますね!




◼︎グリッドのマス目のサイズ変更


編集→環境設定から「ガイド・グリッド」を選択します。

そこから、「グリッド」「分割数」を調整していいサイズにして見てください。


うまく使えば作業がスムーズに、知らないうちに設定されていてあせる「グリッド」についてでした。






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://illustratorbook.blog.fc2.com/tb.php/21-f93a339e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。