CC 2014について - Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

Illustratorの教科書 

現役デザイナーによるIllustrator(イラストレーター)の使い方や素材紹介サイト

写真・イラスト素材ならアマナイメージズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CC 2014について

cc2014.png

前回、CC 2014について少しだけ書きましたが
今回は、もう少し書いてみたいと思います。
まずは、アップデートにあたり気になった3点。

1、アップデートすると、別でインストールされる(CS6、CC、CC 2014で使える)
2、バージョン番号があがっている。Illustratorでは17→18(もう18という驚き、、、)
3、CCは最大2台のパソコンまでインストールできるのだが、6月19日から「同時使用」は不可能に。

機能より何より、もう18なんだという驚きがすごいです。

でも、やっぱり新機能も充実しているようで、特に気になったの
Photoshop CC 2014(Illustratorじゃないですが、、、)の「ぼかし機能」の追加

気になる2つは、
「スピンぼかし」と「パスぼかし」


スピンぼかしとは、静止している画像(たとえばタイヤなど?)を回転しているような効果を適用できるぼかし。
今までは「ぼかし(放射状)」が使われていたが、スピンぼかしはよりリアルに回転している効果を適用らしいです。
ちなみに真円だけでなく楕円でも可能。

kuruma1.jpg
こんなイメージ?


もうひとつのパスぼかしは、任意の線に沿ってぼかしを適用できるもの。ボケの方向や強さを簡単に調整可能との事。パスを曲線にすることや複数のパスを組み合わせて複雑なぼかしを作ることも可できるらしいです。
んー触ってみないとなんともいえないですね。

また、触ってみたら記事にしようと思います。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://illustratorbook.blog.fc2.com/tb.php/9-d55a761a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。